正岡子規句碑

茅原崋山詩碑

松島十湖句碑

 昔、弁天島のこの辺りは砂州が新居の橋本辺りまで続き、白砂青松(はくさせいしょう) 「天の橋立」 のような風景が広がっていました。そんな弁天島の美しさに誘われてか、ある日天女が舞い降りました。村人は大変喜び、社を建てるからここに留まって欲しいとお願いしました。ところがどういうわけか、天女は駿河の三保の松原へ立ち去って行きました。
 それから長い年月が経ち、この辺り一帯は大きな災害に見舞われ、洲埼の一部であった弁天は湖に取り残されて島となりました。その後、舞坂と新居の間は渡船で行き来するようになりましたが、江戸時代の宝永6年(1709)今切渡海安全のため、この島に弁天神社が建てられました。人々は天女伝説のこともあり、この神社を大切にお守りしてきました。御祭神は「市杵島姫命」といい、海上・交通・家内安全・商売繁盛など諸願成就の神として多くの人に信仰されています。

棹を移して揺かすを休めよ湖底の天 芙蓉夢の如く華嶺を蘸(ひた)す 関せず咫尺海涛(しせきかいとう)の壮なるを 白鳥白帆相伴ふて眠る

天の川 濱名の橋の 十文字

月や風や 夏しら波の 海と湖

手水舎

弁天島と天女解説

弁天神社拝殿

弁天神社本殿

拝殿内部

拝殿に掛かる辯天神社の扁額