浪小僧

浪小僧解説

浪小僧は、街道に背を向けて、海岸方向を向いて建っている

 むかし、遠州灘の浜では、地引き網漁が行われていました。魚がとれない日が続いたある日、真っ黒な小僧が網にかかりました。漁師達は気味悪がり小僧を殺そうとすると、小僧は 「私は海の底に住む浪小僧です。命だけはお助けください。その代わり、ご恩返しに海が荒れたり、風が強くなったりする時は、海の底で太鼓を叩いてお知らせ致します」 というので、海にもどしてやりました。
 それ以来、天気の変わる時、波の音がするようになったと伝えられています。