鎌倉幕府が滅亡したしたとき北条一族に従って戦死した

放生池

中雀門

板割浅太郎の墓

手水舎

天保13年(1842)赤城山騒動の後、親分国定忠治と別れ渡世の足を洗うため仏門に入り、遊行寺の堂守を務めた。

南無阿弥陀仏碑

推定樹齢700年の大銀杏

明治天皇御膳水

安政年間に建てられた境内で最も古い建物

遊行寺開祖呑海上人の実兄の地頭俣野五郎景平公を祀る

俣野大権現

本堂の本尊阿弥陀如来座像

地蔵堂の日限地蔵菩薩

宗祖一遍上人像

遊行寺本堂

地蔵堂

酒井忠重墓所五輪塔

応永25年(1418)に建立された上杉禅秀の乱の戦死者供養塔

敵御方(味方)供養塔

酒井忠重逆修六地蔵供養塔

南部右馬頭茂時の墓

歴代上人の墓

県指定重要文化財の銅鐘