鎌倉を 生きて出でけむ 初松魚(かつお)

文政9年(1826)の常夜燈

芭蕉句碑

寛文12年(1672)の庚申塔

天保12年(1841)の阿形の狛犬

天保12年(1841)の吽形の狛犬

天満宮

神楽殿

手水舎

神輿蔵

右は宝永4年(1707)の庚申塔

富塚八幡宮本殿

庚申塔

玉守稲荷神社

正徳2年(1712)の青面金剛の庚申塔

富塚八幡宮拝殿